Funkymic [MIC SENSE NICE] [MMCD001]

Funkymic [MIC SENSE NICE] [MMCD001]

Price: 2,300円(税別)

数量:

MMGSK初のCD取り扱いはやはりこの男、MMGSKチープディレクターFunkymic!!!

他とは一線を画すワードセンスとフロウとBoombopにこだわりつつ、醸し出す絶妙なユルさ。

アートワークを手掛けたのはもちろんMMGSKのクルーCoverとMSYで、まさしくMMGSK100%の一品です。

http://p-vine.jp/artists/funkymic

 

Funkymic 1st Full Album 「MIC SENSE NICE」

 

「2010年の韻シスト脱退から6年、遂に戻ってきたF/U/N/Kな奴、Funkymic!!」

 

「あの頃」よりも更にひねくれつつも、言わずと知れたHip Hop Band、韻シストでの活動は勿論、オーサカ=モノレールとの共演等、FUNK界からもお墨付きのキャラとスタイルで、原点ともいえるファンクネスを現代版にアップデートした快作。タイトル通りナイスな「Sence=感覚」で、HIP HOPの持つカルチャー感は勿論、楽しさまでも表現しながら、しっかり大人な子供になって帰って来た自身初のFull Album。 今回のアルバムでは自身のトラックは勿論、韻シスト加入前のユニット「Funkymic and the Saturdays Rism」からの盟友、Chop the onionや、Rapperとしても活動しながらトラックメイクでも評価の高い、大國a.k.aThink他、ヤツイイチロウ(エレキコミック)のmix cdにも入ったワンダフルボーイズとの名曲、「夜のベイビー」を、EVIS BEATSとのセッションや各地のフェスでも高い評価を得る2人組Punch and mightyがRemixするなど、これまでのキャリアの幅の広さを感じさせる人選で構成されている。

 

Funkymic 

RAPPER / BEATBOXERとして98年頃活動開始。Funkymic and the Saturdays Rism名義でアルバムリリース後、韻シストのMCとしても活動。翌年Epic Recordsよりメジャーへ進出後Summer sonicメインステージを始め、数々の大型フェスや全国各地でのライブで着々とキャリアを重ねる。2010年韻シストを脱退後、ソロアルバム「FRESHM­AN E.P」を発表。以降自ら「FRESHMAN」と称し、新米&新鮮をモットーに、日本を代表するFUNKバンド、オーサカ=モノレールとのセッションや、Sundayカミデ率いるワンダフルボーイズとの共作等、ジャンルを軽く超えるセッション力で精力的にライブ・制作を続ける傍ら、インストブレイクビーツディスコバンド「­Channel2」のメンバーとしても活動。

http://funkymic.tumblr.com/

他の写真